BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG

BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG

Attributes

ReleaseDate : 1996/11/25
NumberOfItems : 1
Format : CD
ItemDimensions : 18
SeikodoProductCode : AMCY-2020
Type : Unknown
PublicationDate : 1996-11-24
EANListElement : 4988029202048
Manufacturer : イーストウエスト・ジャパン
EANList : 4988029202048
Brand : East West Japan
CatalogNumberList : 2020
Artist : MR.BIG
Label : イーストウエスト・ジャパン
Studio : イーストウエスト・ジャパン
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,621
CatalogNumberListElement : 2020
Publisher : イーストウエスト・ジャパン
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ダディ,ブラザー,ラヴァー,リトル・ボーイ
2 - テイク・カヴァー
3 - ステイ・トゥゲザー
4 - ワイルド・ワールド
5 - 60's マインド
6 - アンナチュラル
7 - 風にまかせて
8 - ノット・ワン・ナイト
9 - ロックン・ロール・オーヴァー
10 - プロミス・ハー・ザ・ムーン
11 - セヴン・インポッシブル・デイズ
12 - ナッシング・バット・ラヴ
13 - ジャスト・テイク・マイ・ハート
14 - コロラド・ブルドッグ
15 - トゥ・ビー・ウィズ・ユー
16 - アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ
17 - アイ・ラヴ・ユー・ジャパン

日本盤 or 輸入盤 ?

 1996年、MR.BIG初のベストです。
 結果として、ポール時代のベストとなります。
 内容は、文句なし!
 選曲は、妥当です!。。。「Anything for You」が忘れられていますが。。。
 新曲「Unnatural」は、PaulがVo。
 新曲「Stay Together」は、ポップでパワーあふれる、大好きな1曲です。
 注意が必要なのが、
「日本盤」と「輸入盤」では、違う点が多々あることです。
 まず、「輸入盤」は、
全16曲、年代順の曲順、すべてスタジオでの音源になります。
 
 で、「日本盤」は、
全17曲(輸入盤の16曲 + 「I Love You Japan」)
曲順は、ごちゃ混ぜ(Liveのセットリストを意識してるのかも?)
「Nothing But Love」と「I Love You Japan」がライブ音源で、他はスタジオ音源です。
 個人的には、「輸入盤」のほうが、
年代順に追えるアンソロジーベストだし、
全部スタジオ録音で統一されているので、聴いた後がスッキリしてて、いいです。
(締めが、「Stay Together」というのもGood!!)
 お好きなほうを、どうぞ!

ベストアルバムの中でも特におすすめ

このアルバムがMR.BIGとの出会いであったことに感謝。
今思い出しても初めて聞いたときの感動は鮮明に思い出せる。
感動のあまり、気付いたらオリジナルアルバムを全てまとめ買いしていた。
メンバーひとりひとりが「とにかく凄い」というのが素人だった自分にもはっきり分かったし、
何より理論でも理屈でもなく素直に「良い曲」と思える楽曲ばかりであった。
MR.BIGのベストアルバムはいくつかありますが、いちばんのお勧めはこれです。

ポール在籍時ベスト

MR.BIGが一時活動を休止する前に出されたベストで、結果的にはポール・ギルバート在籍時を区切る一枚となったベストアルバム。四枚のアルバムからほぼ均等に楽曲がチョイスされており、日本のボーナストラックとしてI LOVE YOU JAPANが収録されています。また、日本盤だと楽曲の順番が発表順ではなく、きちんと一枚のアルバムとして組まれているので、それまでを聴いていたファンにとっては聴き応えのある一枚ですが、これを入門にした人にはMR.BIGの変遷は見えにくいかもしれません。
余りどのアルバムにウェイトを置くという事がない分、人によっては好みの楽曲が外れているという事もあるかもしれませんが、アルバムを聴いたときに「あぁ、良い曲だなぁ」と思った楽曲は殆ど収録されていると思います。
彼らは技巧派としての評判が高いですが、こうしてベストアルバムを聴くと、アーティストとして良いメロディを創り続けていた事を再認識できると思います。

バランス良し。音も良し

この場合のバランスとは「バラードに偏ったベスト」ではないという意味である。のちに企画でバラードベストもリリースされたが。
MR.BIGはバラードだけが持ち味ではないのは、このアルバムを聞けば分かるでしょう。ハイスピードナンバーもしっかり収録されている。もちろん「To Be With You」「Wild World」「Just Take My Heart」のようなバラードも入っている。
ポール書き下ろしの新曲も良い出来だ。ポールが歌い変拍子の「Unnatural」はMR.BIGでやる必然性に欠けるのだが… 結構このベストからもれた名曲もある。しかし1stや2ndからはどの曲が選ばれても不思議なかった。
パット・ビリー・ポールの超絶楽器隊とエリックの歌とのバランスが、ある種のポップセンスを生み出していたことは間違いないだろう。
こののちのポールの脱退。エンジニアでプロデューサーのケビンとの決別を考えると、本当に良いタイミングで出したベストだと思う。

彼らの素晴らしい音楽センスに脱帽

MR.BIGと言えば、最近B'zの松本のソロプロジェクトのボーカル、エリックの在籍していたバンドで知られているが、彼らの凄いところは、メンバー一人一人のテクニックと、とても日本人に好まれるような、キャッチーな楽曲をつくってきたことです。
特に「TO BE WITH YOU」は万人に素直に愛されている珠玉の名曲です。
他にもハードロックバンドとしての彼らの代表曲とも言える「Daddy,Brother,Lover,Little,Boy」や、「Collorado Bulldog」のポールのギタープレイには驚嘆です。
個人的には90年代前半のポップな和製ロックを彷彿させる、「Take Cover」や 「Stay Together」、バラードの名曲「Just Take My Heart」がお勧めです。

ポールやビリー

の演奏重視で聞きたい人はあまりお薦めできませんが、歌重視の人は買うべきです。メロディーラインがとても綺麗で聞き入ってしまいますよ。ミスタービッグを初めて聞く人には最適だと思います。

いいね。ステイ・トゥゲザー。

ベストだけあって良い曲だらけですが中でもステイ・トゥゲザーは名曲。今でも自分の名曲のトップ10に入るほどです。ただ、エニシング・フォー・ユー、アライブ・アンド・キッキン、イフ・ザッツ・ワット・イット・テイクス、ハウ・キャン・ユー・ドゥー・ワット・ユー・ドゥーが入ってないのが残念ですが、流石MR、BIGかっこいい曲そろえてますよ。

BIGGEST!!

MR.BIGのPG在籍時のベスト盤である。
全く無駄がなく、素晴らしいの一言である。
デビュー当時から日本のファンが彼らを愛していたと同時に、
彼らも日本のファンを愛してくれていた。その証拠が#17である。
ライヴ音源なのだが、曲のラストにエリック・マーティンの
『じゃーねー!My brothers & sisters!!』の一言が印象的だ。
この曲以外にも見せ場は多い。いや、全てが見せ場であり、
ポールとビリーのユニゾンなど、今となってはもう聴けないプレイに
悲しさよりも先に、熱狂してしまうファンは、私だけではないはずだ。
日本のマキタ製ドリルを使用した#1や、怒涛のようなプレイの#14と#16。
PGがバンドを皮肉った#3に、全米チャートでナンバーワンを取った#15。
山ほどある名曲の中での名曲を集めた一枚。

購入前に注意あり

輸入盤と国内盤と違いますので新たに買う方は注意して下さい。まず曲順が全く違います。それは何とかなりますが、問題なのは国内盤には I LOVE YOU JAPANという日本語詩が一部入った結構カッコいいナンバーが収録されてます。ギターソロは例のマキタのドリルソロ(に思える)で個人的にはあまり良いとは思いませんが、曲が良いです!!輸入盤は安い場合が多いですが、新規に買う方は参考にして下さい。まあこのバンドは良くも悪くも日本では相当の人気なので、ボーナストラックがやたらありますから経済的に余裕ある方は国内盤から探してくださいませ。

初心者の人にオススメ

MR.BIG初心者にはオススメの作品。
このベスト盤からMR.BIGに入るのが一番入りやすいかも。
このアルバムだけに収録されている「Stay Together」は
ポップ感溢れる名曲だ。
1stアルバムの名バラード「Anything For You」が
収められていないのが少々不満だが、
デビューからの代表曲は概ね収録されている。
ボーナストラックの「I Love You Japan」は、
彼らが演奏時に使っていたドリルを作っていた
日本のドリルメーカーのマキタのために作られたもの。
この曲には日本語の歌詞も出てきて、楽しい。
このベスト盤を区切りに、ギターのポールが脱退する。
Bump Ahead
Mr Big
ホワット・イフ・・・(初回限定盤)(DVD付)
Lean Into It