Deep Purple In Rock (25th Anniversary Edition)

Deep Purple In Rock (25th Anniversary Edition)

Attributes

ReleaseDate : 1998/06/30
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 43717587
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-02-24
EANListElement : 0766482068227
EANListElement : 0724383401925
Manufacturer : EMI Europe Generic
UPCListElement : 724383401925
UPCListElement : 766482068227
EANList : 07664820682270724383401925
Brand : Emi
CatalogNumberList : 34019724383401925EMI724383401925EMI 8 34519 27243 8 34019 2 507243834019258340192
PackageQuantity : 1
Artist : Deep Purple
Label : EMI Europe Generic
PartNumber : 0724383401925
Studio : EMI Europe Generic
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 34019
CatalogNumberListElement : 724383401925
CatalogNumberListElement : EMI724383401925
CatalogNumberListElement : EMI 8 34519 2
CatalogNumberListElement : 7243 8 34019 2 5
CatalogNumberListElement : 0724383401925
CatalogNumberListElement : 8340192
MPN : 0724383401925
Publisher : EMI Europe Generic
Language : スペイン語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
Language : ドイツ語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 724383401925766482068227
PackageDimensions : 4055020490
UPC : 724383401925
Languages : スペイン語Published英語Original Language英語Unknownドイツ語Unknown
Name : スペイン語
Name : 英語
Name : 英語
Name : ドイツ語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Speed King (1995 Digital Remaster)
2 - Bloodsucker (1995 Digital Remaster)
3 - Child In Time (1995 Digital Remaster)
4 - Flight Of The Rat (1995 Digital Remaster)
5 - Into The Fire (1995 Digital Remaster)
6 - Living Wreck (1995 Digital Remaster)
7 - Hard Lovin' Man (1995 Digital Remaster)
8 - Black Night (Single Version) (1995 Digital Remaster)
9 - Studio Chat 1
10 - Speed King (Piano Version)
11 - Studio Chat 2
12 - Cry Free (Roger Glover Remix)
13 - Studio Chat 3
14 - Jam Stew (Unreleased Instrumental)
15 - Studio Chat 4
16 - Flight Of The Rat (Roger Glover Remix)
17 - Studio Chat 5
18 - Speed King (Roger Glover Remix)
19 - Studio Chat 6
20 - Black Night (Roger Glover Remix)
   揺るぎない巨大な一枚岩とでも言えそうな本作は、ラシュモア山の側面に彫られたメンバーの顔を描いたジャケットのイメージにそっくりだ。彼らは本作でそれだけの尊敬を勝ち得るはずだと感じていたのかもしれない。と言うのも、ジョン・ロードが作曲した大げさな『Concerto For Group And Orchestra』で味をしめてから、比較的無傷のまま離れることができたからだ。ともかく理由はなんであれ、ディープ・パープルは1970年の初めにメンバーチェンジをおこなった――新たなヴォーカリストにイアン・ギランを迎えて、文句なく70年代ハードロック史上屈指の名作である本作の制作に取りかかったのだ。

   バンドのまぎれもないパワー、それにジャズ色の濃いイアン・パイスのドラミングにもかかわらず、各トラックはグルーヴという点ではあまりに物足りない。むしろバンドの本領は、音量、演奏の濃度、躍動感の単純な積み重ねにあった。10分を超える「Child In Time」はこの種の曲の傑作に挙げられ、「Speed King」「Into The Fire」といったトラックではこのうえなく開放的なディープ・パープルを見せてくれる――リッチー・ブラックモアとジョン・ロードは目もくらむばかりに滑らかなソロの掛け合いを聴かせ、ギランは、間もなくあとに自らを有名にさせる怒号のシャウトを放っている。(Andrew McGuire, Amazon.co.uk)

Deep Purple In Rock

揺るぎない巨大な一枚岩とでも言えそうな本作は、ラシュモア山の側面に彫られたメンバーの顔を描いたジャケットのイメージにそっくりだ。彼らは本作でそれだけの尊敬を勝ち得るはずだと感じていたのかもしれない。と言うのも、ジョン・ロードが作曲した大げさな『Concerto For Group And Orchestra』で味をしめてから、比較的無傷のまま離れることができたからだ。ともかく理由はなんであれ、ディープ・パープルは1970年の初めにメンバーチェンジをおこなった――新たなヴォーカリストにイアン・ギランを迎えて、文句なく70年代ハードロック史上屈指の名作である本作の制作に取りかかったのだ。

バンドのまぎれもないパワー、それにジャズ色の濃いイアン・パイスのドラミングにもかかわらず、各トラックはグルーヴという点ではあまりに物足りない。むしろバンドの本領は、音量、演奏の濃度、躍動感の単純な積み重ねにあった。10分を超える「Child In Time」はこの種の曲の傑作に挙げられ、「Speed King」「Into The Fire」といったトラックではこのうえなく開放的なディープ・パープルを見せてくれる――リッチー・ブラックモアとジョン・ロードは目もくらむばかりに滑らかなソロの掛け合いを聴かせ、ギランは、間もなくあとに自らを有名にさせる怒号のシャウトを放っている。(Andrew McGuire, Amazon.co.uk)

このアルバムは一言 Buy it

ここでのアルバムは英国盤なので米国日本盤のようにいきなり始まるSpeed kingでは無く、24カラット収録テイク同様リッチーの歪み気味のギターソロそしてキーボードソロと続き、曲が始まるノーカットテイク収録。アルバム自体は説明不要の大傑作なので追加されたボーナストラックの説明をします。Speed kingだけでも、テイク1、ラフなボーカルのピアノバージョン、ロジャ ーグローバーによる(1)のリミックスとなんと4種類のバージョンが聞けること。未発表曲のCry free/jam stew そしてリミックスのFlight of that rat そして最大の聞
きモノは(この1曲のためオリジナルCDを持っていても買い直す価値あり)あの最大のヒット作 Black nightがロジャーのリミックスにより無編集版として帰ってきました。演奏前のリラックスした雰囲気から急に白熱した演奏が始まる。正規版ではさっさとフェイドアウトで終わるのですがここではリッチーを中心としたジャム演奏がかなり長く聞け、約1分20秒も正規版より長いリッチーのソロが体感出来ます。
結論 すべてのロックファンに推薦出来る名作です。ぜひオリジナルより曲数の多いAniversary editionをお勧めします。

たまらんね

 ハードロックの何たるかをいきなり確立した、驚異の大名盤。
 このアルバム以前、DPは、ハードロックではありません。
 これ以前にもツェッペリンは当然いましたが、ツェッペリンって、ハードロックに全然執着していません、と言うか、きっと自分たちがハードロックをやっていると言う意識が、恐らく全然ありません(プラントは地声がああだし、ボーナムは、きっとアート・ブレイキーやマックス・ローチなどのスタイルの、より大音量での、エイトビート化したアプローチですよね)から。
 ブルーチアーとか、MC5とか、ストゥージスとかステッペンウルフなんかも、曲によってはハードロック的ですが、多分意識はしていない。大きな音を出してやろうって言う気はあったとしても。
 ところが、DPは、初めてハードロックをコンセプトとして作ったのです。リッチーが、「ハードロックをやるんだ!失敗したら俺は一生ロックやらないから」ってジョン・ロードを説得して、向いていないメンバーを交代させてね。
 その結果出てきたのが、これです。
 どうです?これ。ハードなロックじゃ、ないですか?
 音圧とか、言っちゃいけません。当時のテクノロジーでは、これが限界です。
 ギターとベースとキーボードが同じリフをぶつける。ドラムがヘヴィかつスピーディなリズムを叩きつける。ヴォーカルが叫ぶ。そして、インタープレイのテンションの高さ。
 とにかく、ベースコンセプトが「ハードロック」なのです。それしかないんです。信じられます?「IN ROCK」ですよ?
 確かに音は古いかもしれない。でも、「ハードロックを作る!」と全力を傾けた男たちの情熱は、間違いなく、不滅。
 これ聴いて何も感じないロッカーは、感性を疑ったほうがいいですよ。
 音楽はジャンルを問わず、テクニックやテクノロジーの産物ではない!強烈なスピリットと、強固なフィロソフィーの賜物である!

企画盤が多すぎる中、これは買い!!です

 なぜならば、ブラック・ナイトが2ヴァージョン収録。本来この曲はフル・アルバムには未収録のもの。20のグローヴァーによるものは、(以前から気になっていた)ブラックモアの出だし音符1つ遅れが修復されている。
 ZEPPも、Purpleも 本来オリジナル数は少ないのです。ギランが歌う第2期は4枚(ライヴは名盤のLive in Japan)だけ。だけど『in rock』ではなく こちらを手に入れれば音質も向上しているうえ、ベスト盤(1枚だけ選ぶならVeryBestだよ)がなくてもギランによるPurpleは4枚だけでOKです。
 老婆心ながら、ハード・ロックとなったPurpleは、ギラン4枚、カヴァーデイル&ヒューズ2枚、ブラックモア改めボーリン1枚の7タイトルだけです。ほしいならともかく 企画盤(解散後に多数出た 中にはよいのもありますが 多すぎるよ!)と知らずに買うことのないようにネ。

第2期DEEP PURPLE 最初のアルバム

当作品はDEEP PURPLEの所謂黄金期といわれる第2期の最初のスタジオ録音アルバムである。かつ、当作品はリマスターされており、未収録曲もふんだんに収録されている。当作品の特徴等は下記のとおり。
1 まず、ケースにサインが印刷されている。マニアには嬉しい。
2 当作品は、当初所謂アートロック(=クラシックとロックを融合したような音楽)といわれる音楽を目指していた彼らが、イアンギラン、ロジャーグローバーを戦力に加え、ハードロック路線に転身した記念すべき作品である。今後のDPもこの作品から始まったといっても極言ではないであろう。12458等は、シンプルだが、非常にライブ映えのする良い楽曲である。25などは最近のライブでもときたま演奏しているようだし・・・。まぁ、この作品によって一般的なDPのイメージが定着したと言っても過言ではない。
3 俗っぽい表現ではあるが、初めてDPを聴くリスナーにどの作品を薦めるかといえば、間違いなく私はこの作品を薦める。一般的には代表曲(メジャーな曲)の多いMACHINE HEADかもしれないが、私はこの作品のほうが解りやすくてお薦めできると思う。LED ZEPPELINでも「4」より「1」をお薦めするようなものだ。
4 追加曲はスタジオアウトテイクみたいなもので興味深い。前奏を間違えたものなどそのまま収録してあるので興味深い。
上記の特徴のこの作品は、一般リスナーにも是非お薦めしたいし、またDPのマニアの方でも十分に楽しめる作品であると断言できる。
是非一度は聴いて欲しい。

史上最高のハードロック

これを超えるハードなアルバムがあるだろうか?
爆音の中にもクラシック的な幻想的サウンドが
自由自在に散りばめられ唯一無二の感動をくれます。
1曲目「Speed King」から爆発だ。ギランの全てを薙ぎ倒すような
シャウトが聞ける。そしてリッチーとジョンのソロのぶつかり合い
がまた凄まじい。3曲目「Child in Time」の最後の加速度は
まさに狂気じみてる。オーディオがぶっ壊れるかと思ったよ(笑)。
4曲目「Flight Of The Rat」はジャズっぽさも感じさせてくれる軽快な曲
イアン・ペイスのドラミングが聴き所。
5,6曲目の「Into The Fire」、「Living Wreck」では
ジョン・ロードのオルガンが唸る。もう慣習や伝統にとらわれない
とはこのこと。自由自在で無重力空間を行ったり来たりって感覚に襲われる。
この作品は史上最高にハードだと思う。あまりにハード過ぎた。

こりゃ最高っす!

ジャケットにサインもお洒落ですが、中身も最高です!
リマスターも最高ですが、追加トラックが非常に興味深いです。レコーディング中の会話が入っているのも面白いですが、ジョンやリッチーのなんとなくの指慣らしが、第二期や第三期でのライブに出てくるフレーズと同じだったりして、マニアの方は思わずニヤリの瞬間です。"Black Night"のRoger Mixも当然必聴ですよ。Liveさながらの勢いです。
しかし改めて残念に思うのは、1や3や5以外の曲をどうしてLiveでやらなかったのかということですね。2や4や7なんかLiveでも相当ウケそうな曲ですし、4や7はGuitar SoloやDrum Soloも挿入出来そうで本当にもったいない。"Paint It Black"など早くやめて、第三期の"You Fool No One"のような組立にしていれば・・・と勝手に妄想してしまいました。
ということで、名盤おまけ付大推薦です。

いろいろと聴き比べられる幸せ

超メジャーのグループが解散すると、やれ未発表音源だの、やれアウトテイク(要は失敗作ってことなのですが、こう表現すると何だか素敵なものに聞こえるから不思議ですね)などが発掘され、混乱をきたしてしまいます。ディープ・パープルも結成25周年を迎えて、第2期・第3期の企画物が続々と登場しています。オリジナルの「In Rock」は、ハードロック史上永遠に残る名作です。日本では「Highway Star」や「Smoke On The Water」が収録されている「Machine Head」のほうが人気が高いようですが、ハードコアに徹しているという意味では、明らかに「In Rock」のほうが楽曲・演奏ともに数段上を行っています。クラシック音楽の要素を微妙にブレンドし始めた「Machine Head」よりも、ただ純粋にドライブ感を求めるならば、本作から入るのが王道だと考えます。
このアルバムでは、オリジナル音源に加えて、何と13ものボーナストラックが追加されて合計20トラック、78分もの「大作」に仕上がっています。ただし、13のボーナストラックといってもそのうち「スタジオ・チャット」(要は曲間のおしゃべりです)が6つもあるので、我々が耳にできる実質的な発掘音源は「7」になります。個人的に大変嬉しいのが、缶コーヒーのBGMでも流れている「Black Night」が収録されていることです。シングルカットはされたものの、オフィシャルとしてはどのアルバムにも収められていなかったので、ファンとしては嬉しい限りですね。
さて、肝心のボーナストラックですが、なぜかジャズの「Take Five」のイントロから始まる「Speed King」や妙に生々しい「Flight of the Rat」などのアウトテイクも楽しめますが、うち何とロジャー・クローバーが自らリミックスした「Cry Free」「Speed King」「Flight of the Rat」「Black Night」の4曲は明らかに音と音の分離がよくなって、大変クリアーなサウンドに仕上がっています。ロジャー・クローバーって絵も描くし、器用な人ですね。
というわけで、オリジナル音源を十分に聴き込んだファンにとっては、大変興味深い内容です。旧録音との比較をしながら聴いていくと、「ああ、こんな感じで作られたのだな」というのがわかってきて大変楽しめます。ただ、初めて聴く人にとっては、何が面白いのかがまるでわからないと思いますので、まずオリジナル音源を聴き込むことをお勧めします。したがって初心者向けではないという理由で★4つです。

予想以上の良さ

30年近く前に買って聞いていた In Rockと、ノーカット版のSpeed kingをもう一度CDで聞きたいと思っていたところ、(1)Speed kingがノーカット版だというので一石二鳥だと思い購入しました。
LP版のIn Rockは、曲にその後の有名・無名はありますが、Deep purpleで一番好きなスタジオアルバムだと思っていたのですが、この版は予想以上でした。
(18)Speed king (1)のノーカット版をロジャーグローバーがリミックスしていて、(1)よりも良い。
(20)Black night こんなスタジオ版があったなんて・・・。ソロを含め演奏全体に迫力があり、フェイドアウトせず、ちゃんと終わる。思わず拍手。日本ライブのアンコール(24カラット収録)で、ああいう、無茶苦茶&ど迫力の演奏になるというのが良くわかるスタジオテイクです。
私は、この時期のこのバンドのスタジオテイクを聞くのでしたら、迷わず、この版をお薦めします。

何も言わず聞くべし

壊れそうなほどの緊張感の高さ。昨今の加工しまくった音ではない、ストレートなサウンドがもたらす臨場感。到底30年前の作品とは思えません。歴史に残る名盤でしょう。当時燃えたおじさんだけでなく、是非若い人に聞いていただきたいアルバムです。

ディープパープルの原点

ディープパープル5作目であるが、このアルバムこそが原点であると言える。I~IIIまではアートロック系であり、
4枚目はロイヤルフィルとの競演で、全盛期のパープルとは異質のものであった。やはりロジャーグローヴァーと
イアンギランの加入が、今作からHRバンドとしての明確な方向性を打ち出すきっかけとなったに違いない。
リッチーのギターとジョンのキーボードがメインなのは変わらないが、イアンギランの貢献は大きい。
その顕著な例がチャイルドインタイムであると言える。とにかくこのアルバムによりツェッペリンに対抗できる
大物バンドとなったことは明らかである。記念碑的作品。
マシン・ヘッド(SACD/CDハイブリッド盤)
Fireball: 25th Anniversary
Burn
ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITION