Live In Japan (UK)

Live In Japan (UK)

Attributes

ReleaseDate : 1998/06/30
NumberOfItems : 3
Format : Box set
Format : CD
Format : Import
Format : Live
ItemDimensions : 75500550
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1996-11-21
EANListElement : 0766483285326
EANListElement : 0724382772620
EANListElement : 0072438277262
Manufacturer : Emd Int'l
UPCListElement : 072438277262
UPCListElement : 766483285326
UPCListElement : 724382772620
EANList : 076648328532607243827726200072438277262
Brand : Emi
CatalogNumberList : 82772620724382772620CDEM15107243 8 27726 2 0, CDEM 15101510724382772620
PackageQuantity : 1
Artist : Deep Purple
Label : Emd Int'l
PartNumber : 724382772620
Studio : Emd Int'l
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 8277262
CatalogNumberListElement : 0724382772620
CatalogNumberListElement : CDEM1510
CatalogNumberListElement : 7243 8 27726 2 0, CDEM 1510
CatalogNumberListElement : 1510
CatalogNumberListElement : 724382772620
MPN : 724382772620
Publisher : Emd Int'l
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 3
UPCList : 072438277262766483285326724382772620
PackageDimensions : 9455935488
UPC : 072438277262
Languages : 英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Highway Star (Live)
2 - Child In Time (Live)
3 - The Mule (Live)
4 - Strange Kind Of Woman (Live)
5 - Lazy (Live)
6 - Space Truckin' (Live)
7 - Black Night (Live)

Disc 2 / Track

1 - Highway Star (Live)
2 - Smoke On The Water (Live)
3 - Child In Time (Live)
4 - The Mule (Live)
5 - Strange Kind Of Woman (Live)
6 - Lazy (Live)
7 - Space Truckin' (Live)

Disc 3 / Track

1 - Highway Star (Live)
2 - Smoke On The Water (Live)
3 - Child In Time (Live)
4 - Strange Kind Of Woman (Live)
5 - Lazy (Live)
6 - Space Truckin' (Live)
7 - Speed King (Live)

Live In Japan (UK)

72年に発表された絶頂期の黄金メンバーによる、第2期ディープ・パープルの日本でのライヴ盤。会場となったのは日本武道館と大阪フェスティヴァル・ホール。ベストメンバーによるベストな選曲とベストな演奏、それに当時としては驚異的ともいえる高度な録音技術により、「ライヴの名盤」と呼ばれるアルバム。
<1><7>など、笑ってしまうほど異常に高いテンションで疾走する演奏が、これでもか!というほど詰まっている。ハードロック・ファンならずとも興奮してしまう内容だ。観客の演歌調の拍手もいい味を醸しだしている。(麻路 稔)

6枚組みでだして欲しかった!

パープルの日本公演3日間を各1枚に収録した3枚組みライヴアルバムです。
当然コンサート1本が1枚のディスクに収まるはずがないので、各コンサートで省かれた曲が存在します。できれば全公演アンコールまで完全収録の6枚組でだして欲しかったですね。
このアルバムを聴くたびに思うのですが、MADE IN JAPANに収録された7曲は、まさにベストトラックだったんですね。このことを自分の耳で確認できることだけでもこのCDを聴く価値はあると思います。
パープルが好きで好きでたまらない方にはぜひ聴いてみてもらいたいです。ここにはあの伝説の日本公演の真実がつまっています。
それにしても完全盤聴きたいな!!!

どうしても我慢できない人だけ買いましょう

日本公演3日間の記録です。さて、この手の物は当たりはずれが激しいのですが、3日間通してのパフォーマンスは、良くも悪くも甲乙つけがたいです。ただし、(ココが肝心)はっきり言って3日間のどれもベストのパフォーマンスではないと思います。演奏のミスやちょっとしたハプニング的な要素もライブアルバムとしては非常に臨場感を伝えてくれるものになりますが、それが3日間同じようなミスを繰り返していたりするので、多少食傷気味になるかもしれません。アレンジが違うだろう!と言われる方、ちょっとした違いが気になるなど、どうしても、日本公演の音源を全て手に入れたい方だけ購入されるのが宜しいかと思います。この3日間の公演の中でもベストと呼べるようなパフォーマンスは2枚組みのLive in Japanに収められていますので、それだけでも十分です。私は両方買った上で判断しました。発売されなければこんな事も分からないので、発売する意味はあるとは思います。

アナログレコード時代の話で恐縮です。

CDレビューは他の人と同じ内容になるので裏話を一つ。20年以上の前のアナログレコード時代の話です。このレコード(CD)Live in japanは1972年当時、日本人のスタッフによって録音そしてミックスされジャケットのデザインも日本人スタッフによって制作された完璧に純粋な日本製、ディープ パープル側は何ひとつとして協力していません。(元々日本限定販売という契約だったため)そして、このレコードのテストプレスを聞きあまりの出来の良さに驚愕したパープル側はMade in japanとタイトルを変え急に全世界でリリース決定。そして日本盤と差別化するためジャケットデザインと新たなミックスはロジャー グローバーの手によって行われました。当時も日本盤は高価で安い輸入盤を購入したものですが、このレコードは日本ミックスの方が迫力が有り音が良いということで音にこだわる人は国内盤を購入、輸入盤のロジャーミックスはマニアから敬遠されたものでした。今となっては懐かしい話、、このCDは日本ミックスなので御安心を、唯一の欠点はステレオピクチャーのジョンとリッチーの位置が反対になっていることです。1993年に発売された3枚組の20周年記念盤では正しい位置に修正されています。結論として歴史に残る名盤です。ぜひ、このオリジナル盤で聞いて下さい。

3枚の内2枚がダメに・・・トホホ!

2セット目の購入をしようと思ってます。なぜかと言えば、アルミ層が剥離?していて聞けなくなったから。1982年にCDを購入して以来初めてのことです。UK盤は品質管理に問題ありか?保管場所はバッチリなのに・・・。
まあ、それはともかく皆さんがレビューされている通り、マニアにとっては宝物とも言えるCDです。SIMON ROBINSONに感謝しましょう!!!

最強最高のライブアルバム

70年代の作品だと、とても思えなくらいの演奏をしている。しかも録音状態がいい。ただレコード盤のほうが、ブラックモアのギタートーンが温かみがあったと思う。しかしCD盤のほうが真実のストラトサウンドだろう。
一曲目ハイウェイスター、二曲目チャイルドインタイムは演奏に感動!三曲目、スモークオンザウォーターでは自然体ノッテくる。そしてミュール、ストレンジカインドウーマンでは、イアンペイス、ブラックモアの音音音音で感動。レイジでは一曲の長さを感じさせないあきさせない多彩なリズム、トーン、グルーブ!そして、最後スペーストラッキンでは、個々のすべてをぶちまける!イアンギランがパーカッション倒す音がはいってるのがマニア心をくすぎります。これをきかなくしてロックは語れまち

まとめてみました。。。

1枚目:8/15 1972
1. Highway Star
(未収録): Smoke On The Water(オリジナル収録)
2.Child In Time
3.The Mule (Drum Solo)
4.Strange Kind Of Woman
5.Lazy
6.Space Truckin'
7.Black Night
3-7.Speed King (3枚目の7曲目)
2枚目:8/16 1972
1.Highway Star (オリジナル収録)
2.Smoke On The Water
3.Child In TIme(オリジナル収録)
4.The Mule (Drum Solo)
5.Strange Kind Of Woman(オリジナル収録)
6.Lazy
7.Space Truckin'(オリジナル収録) (未収録): Black Night (Listen Learn Read On [LIVE] [IMPORT])
(未収録): Lucille (Made In Japan: 25th)
3枚目:8/17 1972
1.Highway Star
2.Smoke On The Water
3.Child In Time
(未収録): The Mule (Drum Solo)(オリジナル収録)
4.Strange Kind Of Woman
5.Lazy(オリジナル収録)
6.Space Truckin'
(未収録): Black Night (Made In Japan: 25th、24 Carat Purple等)
(未収録): Speed King (Made In Japan: 25th)
結局、Smoke On The Waterは3公演全てで曲の出だし部分をトチッテいたのが解ります。

史上最高

史上最高のライブアルバムだと思います。ハードロック史上最強の五人が最高の演奏をして、奇跡的なバランスで録音されています。これ以上のライブアルバムはやはりないんじゃないでしょうか。有名な曲をやってるので入門編としても最適です。

星5つ以外は考えられないでしょう。

 ディープ・パープルの名盤といえば「イン・ロック」、「マシン・ヘッド」、そしてこの「ライヴ・イン・ジャパン」あたりが挙げられますが、バンドのエネルギーを体感するなら「イン・ロック」、楽曲の完成度を味わうなら「マシン・ヘッド」、そしてプレイヤーの超絶テクニックを堪能するなら「ライヴ・イン・ジャパン」だと思います。
 このアルバムを通して感じるのは、プレイヤーがノッてきて曲のスピードが上がっても、フレーズが雑にならず整然としたままだということです。特に「チャイルド・イン・タイム」の決めの3連符をブラックモアとロードがユニゾンで「噛まずに」合わせる部分は神がかりとすら言えます。あの速さで各プレイヤーが決してズレないところが凄いのです。72年という時代を考えたとき、その価値は一層高まるでしょう。
 3枚組の完全版も出ましたが、まずはこの通常フォーマットがベターでしょう。(「ライヴ・イン・ジャパン」体験者の多くは同意見かと思います...。)

ハードロック史上最高の傑作ライブです。

ロックです。ハード・ロックです。ギランは吼えまくり、リッチーは唸りまくり、ジョンは弾きまくり、ペイスは叩きまくり、ロジャーは響きまくります。でも、観客はおとなしいです。きちんと座って、静かに聴いています。手拍子もシャン!シャン!とまるで宴会芸?古き良き時代の風景ですね。しかし!ハードロックのライブ、それも日本公演ライブでこれほど完璧なものはありません。欲を言えば、CD化されて収録時間が長くなった分、アンコールの「ブラック・ナイト」と「スピード・キング」も入れて欲しかったけど、それでも名盤中の名盤であることには変わりありません。

Live in Japanが奇跡のライブだったことがわかる!

この3公演の音源を聞くとLive in Japan(Made in Japan)が奇跡のライブだったことがわかります。オープニングのあのカッコイイ始まり方やスモークオンザウォーターのあのかっこいい始まり方も実は公演ごとに違い、あれが偶然かっこよく決まったことが良くわかります。残念なのは3公演全ての音源をCDのスペース上収録していないこと。ここまでやるなら6枚組でもいいからMCも含めて全部聞きたかったです。
マシン・ヘッド【2012リマスター・スペシャル・エディション:SHM-CD】
Deep Purple In Rock (25th Anniversary Edition)
レインボー・オン・ステージ
紫の炎【30th アニバーサリー:SHM-CD】