I Can See Your House From Here

I Can See Your House From Here

Attributes

ReleaseDate : 1994/03/23
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 4756318484
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1994-04-05
EANListElement : 0724382776529
Manufacturer : Blue Note Records
UPCListElement : 724382776529
EANList : 0724382776529
Brand : Blue Note
CatalogNumberList : 651604PM155472438277652972438277652907243827765298277652.27765
PackageQuantity : 1
Artist : John Scofield
Label : Blue Note Records
Studio : Blue Note Records
PartNumber : 724382776529
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 651604
CatalogNumberListElement : PM1554724382776529
CatalogNumberListElement : 724382776529
CatalogNumberListElement : 0724382776529
CatalogNumberListElement : 8277652
CatalogNumberListElement : .
CatalogNumberListElement : 27765
MPN : 724382776529
Publisher : Blue Note Records
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 724382776529
PackageDimensions : 3955118488
UPC : 724382776529
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - I Can See Your House From Here
2 - The Red One
3 - No Matter What
4 - Everybody's Party
5 - Message To My Friend
6 - No Way Jose
7 - Say The Brother's Name
8 - S.C.O.
9 - Quiet Rising
10 - One Way To Be
11 - You Speak My Language
48時間以内に通常我々発送。典型的には、ご注文は、4~8営業日以内に配信されます。 ご注文は、弊社にとって非常に重要です。 Format: Music CD, Blue Note Records. Jazz, Funk or Gospel music CD release from John Scofield and Pat Metheny with the album I Can See Your House From Here. Released on the label Blue Note Records. A hard to find Music CD in new and mint condition.

凄く通好み

1993年12月ニューヨーク、パワーステーションで録音。
御大二人にスティーヴ・スワローのベース、ビル・ステュワートのドラムという通好みの編成である。ゲイリー・バートン・カルテット等でのスティーブ・スワローのプレイが大好きな僕は、彼が入っていることでまずうなってしまったが、ドラムが正確無比なビル・スチュワートと聞いて二度唸ってしまった(●^o^●)。企画者は誰?と聞きたくなるメンバーである。
ジョン・スコフィールドの曲が1.3.4.6.10.11残りがパットの作曲である。ジョンのAS-200とパットのES175がぶつかりあうのだが、お互いとてもクール。しかしながら燃えさかっていて、ギター弾きにはたまらない演奏だ。僕が一番気に入ったのは2の『The Red One』。2人のギターがユニゾンで始まるが、ただのユニゾンではない。ジョンは自身の解説ではオールマン・ブラザース風といっているが、なるほどだ。
タイトルは聖書の中の言葉で、『わざわざその地に行かずとも私にはそなたの家の様子が手に取るようにわかる。』の意である。透視能力に充ち満ちた2人のギタリストのエスパーの様なギグ。そしてサポートする2人も負けてはいない透視能力を発揮していて実に通好みである。
インナー・スリーブにはパット自身が描いたカバー・イラストまであって実に面白い。傑作!

ギター弾きなら必ずノックアウトされますよ

メンバー的にはジョンスコのトリオにパットが参加したような雰囲気。ビルスチュアートは私もお気に入りのドラマーで独特のビート感がいい。スティーブスワロウは昔のジョンスコを聴いていた人なら既にご存知の硬めの音のベース。パットはいつものフルアコ+ディレイの音はあまりでてこないのでそのつもりで。ES-175にディストーションを掛けるとこんな音になるのか・・・。ジョンスコはいつものAS-200の音。アコースティックギターでの競演もあるのでお楽しみに。現代ジャズギターの双璧が一緒にやってるから当たり前かもしれないが2人のプレイには文句のつけようがない。それと、意外にも全曲オリジナルでしかも曲がいい。ありきたりのスタンダードで済ませないのがニクイ。作曲でもお互いに競っているのだろう。適度にハードとソフトが混ざっているので雰囲気で聴くひとにもおすすめ。ギターフレーズではオルタードやコンディミなどアウト系のスケールでよく似たフレーズ展開が聴かれる。音色が似てるのでどっちがどっちかわからなくなるところもあり。ギター弾きなら8曲目「S.C.O」をコピーすべし!どうせ挫折するだろうからそのときはラストのブルーズを聴いて昇天してください。

Fusion

¨'§¿a1¡""è¨"¨§è'¿-§§aa§...¨é¨o¨è¨
§ - ̄  '" ̄-"£¡¨¨£äè±-a§§ ̄3°- ̄"' ¨a' ̄-"§313é3è2§ ̄¨ ̄§313¨°è±¡
--¿3춨¿...o'o-' ̄a"-¬o'1°o'233£§313 ̄" £"§-'3§"'é-§äè ̄±-ä¡è...¿-'3"¡a-...¨!è±££3¨a'£°'3'""a¶...§§3...¶'3 ̄2" ' ̄é'3§£-  ̄3"'3§-
§ ̄a'3 ̄§3-"-'3 ̄'äo'äμé ̄1¿é'1ä1...'è£a¿-"¡

大物2人の競演が嬉しいアルバムです

ジョンスコフィールド、パットメセニーという、現代を代表する2大ギタリストの競演に加え、bにスティーブスワロー、drにビルスチュアートというツワモノの組合せですので、期待しないほうがおかしいというもの。
で、内容ですが、競っている曲は、この手の企画物としては珍しく2人のオリジナルで、ジョンスコ6曲に、パット5曲。サウンド的には、ジョンスコバンドにパットが参加したという趣きもあり、ややブルージー。というわけで、2人の競演を、単純比較すると、ややジョンスコが目立っているかなあという感じです。でも、パットも、ギターシンセ等々で反撃しており、決してパットファンが失望するものではありません。
ただ、サウンドがブルージーなだけに、PMG初期の爽快感溢れるサウンドを期待して買うとがっかりする可能性はあります。ギターバトルを聞きたいという方にお奨めのアルバムです。

特徴

Jazz

特徴

Blue Note

特徴

+Jazz+Music

特徴

CD
Like Minds
Kin
Trio 99-00
Unity Band