King of the Blues Guitar

King of the Blues Guitar

Attributes

ReleaseDate : 1999/02/26
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 5549220555
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1989-08-08
EANListElement : 0075678201721
Manufacturer : Atlantic / Wea
UPCListElement : 075678201721
EANList : 0075678201721
Brand : Atlantic
CatalogNumberList : 8213CD8213200756782017217567820172
PackageQuantity : 1
Artist : Albert King
Label : Atlantic / Wea
PartNumber : CD82132
Studio : Atlantic / Wea
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 8213
CatalogNumberListElement : CD82132
CatalogNumberListElement : 0075678201721
CatalogNumberListElement : 7567820172
MPN : CD82132
Publisher : Atlantic / Wea
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 075678201721
PackageDimensions : 3955122488
UPC : 075678201721
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Laundromat Blues
2 - Overall Junction
3 - "Oh, Pretty Woman"
4 - Funk-Shun
5 - Crosscut Saw
6 - Down Don't Bother Me
7 - Born Under A Bad Sign
8 - Personal Manager
9 - Kansas City
10 - The Very Thought Of You
11 - The Hunter
12 - I Almost Lost My Mind
13 - As The Years Go Passing By
14 - Cold Feet
15 - You Sure Drive A Hard Bargain
16 - I Love Lucy
17 - You're Gonna Need Me
ここに収められた17曲は、キングがメンフィスのスタックス・レコードに所属していた1966~68年の最も実り多い時期のものだ。スタックスのボスだったジム・スチュワートは、ストレートなブルースはスタックス特有のメンフィスのソウルには調和しないと考えたので、ブルース・アーティストとは契約したがらなかった。皮肉なことに、キングのシャープなギターの叫びと、スタックスの専属バンドだったブッカーT&ザ・MGズのダイナミックなリズムの融合によって、キングはほかのブルースマンとは一線を画すことになった。このユニークな混成は次々と名曲を作り出した。ブッカー・T・ジョーンズのうねるようなピアノは「Laundromat Blues」を駆り立て、アル・ジャクソンのドラム・シャッフルは、「Crosscut Saw」を支えている。アンドリュー・ラヴ、ウェイン・ジャクソン、ジョー・アーノルドの猛烈なホーンは「Born Under a Bad Sign」にアクセントをつけている。キングの熟したメロウなヴォーカルは、ソウルフルな音楽に完璧にマッチしており、ドラマチックなギター・テクニックは突出している。(Marc Greilsamer, Amazon.com)

King of the Blues Guitar

ここに収められた17曲は、キングがメンフィスのスタックス・レコードに所属していた196668年の最も実り多い時期のものだ。スタックスのボスだったジム・スチュワートは、ストレートなブルースはスタックス特有のメンフィスのソウルには調和しないと考えたので、ブルース・アーティストとは契約したがらなかった。皮肉なことに、キングのシャープなギターの叫びと、スタックスの専属バンドだったブッカーT&ザ・MGズのダイナミックなリズムの融合によって、キングはほかのブルースマンとは一線を画すことになった。このユニークな混成は次々と名曲を作り出した。ブッカー・T・ジョーンズのうねるようなピアノは「Laundromat Blues」を駆り立て、アル・ジャクソンのドラム・シャッフルは、「Crosscut Saw」を支えている。アンドリュー・ラヴ、ウェイン・ジャクソン、ジョー・アーノルドの猛烈なホーンは「Born Under a Bad Sign」にアクセントをつけている。キングの熟したメロウなヴォーカルは、ソウルフルな音楽に完璧にマッチしており、ドラマチックなギター・テクニックは突出している。(Marc Greilsamer, Amazon.com)

STAX録音の名演集

 17曲中11曲は STAX盤“Born Under a Bad Sign”(黒猫ジャケットのヤツ)と同じ。残る6曲、つまり(2)(4)(14)(15)(16)(17)がダブらない曲ということになる。1966年から68年にかけての、アルバート・ファンにもっとも高く評価されている時代の録音で、ブッカー・T・ジョーンズやアル・ジャクソン、メンフィス・ホーンズがゴキゲンなバックをつけている。
 傑作とされるトラックが多く、聴き応え充分のアルバムだ。70年代ロック・シーンへの影響もよくわかる。かれの特徴的なフレーズをまねたギタリストがいかに多かったか…。
 ノリのいいかっこいい演奏が楽しめるが、バラッドで聴かせるヴォーカルの味わいも捨てがたい。“The Very Thought of You”の情感ゆたかな歌唱はしみじみ胸を打つ。

玄人ウケのいっぱつ

 ̄¡3 ̄1¿ ̄1MG'sé¢...- ̄3 ̄'¢3 'è'μ ¢3'¨o-a¢ ̄ ̄3¨¿....a"é'--"ä"èèa°a"§-解èa¬éä£-1 '-1'ä£ ¢3a" ''CDé2¢°ä£ao表 ̄ ̄ ̄謡§....è''-" '""aé2é3-1ä"¨-aμaää£äoo¿a1"'¢'ä¨- ̄"¢3  ¨"'¢3°!!! ̄¡£a£è'äooa¢ £ 

チョーキングの魔術師

全体的にスローなナンバーが多いので、一緒に、ブルース・ギターをアドリブで、合せて弾くと楽しいです。スローな、チョーキングが、多くあって、輝いています。まぁ、いい感じの、モダン・ブルースだと、思いますよ。
フレディ・キング・イズ・ア・ブルース・マスター
Live Wire/Blues Power
BLUES GUITAR HERO
ライヴ・アット・ザ・リーガル