Peel Slowly & See

Peel Slowly & See

Attributes

ReleaseDate : 1995/09/26
NumberOfItems : 5
Format : Box set
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 1811201193626
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1995-09-26
EANListElement : 0731452788726
Manufacturer : Polydor / Umgd
UPCListElement : 731452788726
EANList : 0731452788726
Brand : Polydor
CatalogNumberList : 5278872788707314 5278872314 527 887-2
PackageQuantity : 5
Artist : Velvet Underground
Label : Polydor / Umgd
Studio : Polydor / Umgd
PartNumber : 731452788726
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 5278872
CatalogNumberListElement : 7887
CatalogNumberListElement : 07314 5278872
CatalogNumberListElement : 314 527 887-2
MPN : 731452788726
Publisher : Polydor / Umgd
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 5
UPCList : 731452788726
PackageDimensions : 21317322381197
UPC : 731452788726
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Venus In Furs (Demo)
2 - Prominent Men (Demo)
3 - Heroin (Demo)
4 - I'M Waiting For The Man (Demo)
5 - Wrap Your Troubles In Dreams (Demo)
6 - All Tomorrows Parties (Demo)

Disc 2 / Track

1 - All Tomorrow's Parties (Single Version)
2 - Sunday Morning
3 - I'm Waiting For The Man
4 - Femme Fatale
5 - Venus In Furs
6 - Run Run Run
7 - All Tomorrow's Parties
8 - Heroin
9 - There She Goes Again
10 - I'll Be Your Mirror
11 - The Black Angel's Death Song
12 - European Son
13 - Melody Laughter (Live)
14 - It Was A Pleasure Then
15 - Chelsea Girls

Disc 3 / Track

1 - There Is No Reason (Demo)
2 - Sheltered Life (Demo)
3 - It's All Right (The Way That You Live) (Demo)
4 - I'm Not Too Sorry (Now That You're Gone) (Demo)
5 - Here She Comes Now (Demo)
6 - Guess I'm Falling In Love (Live)
7 - Booker T. (Live)
8 - White Light/White Heat
9 - The Gift
10 - Lady Godiva's Operation
11 - Here She Comes Now
12 - I Heard Her Call My Name
13 - Sister Ray
14 - Stephanies Says
15 - Temption Inside Your Heart
16 - Hey Mr. Rain (Version One)

Disc 4 / Track

1 - What Goes On (Live)
2 - Candy Says (Closet Mix)
3 - What Goes On (Closet Mix)
4 - Some Kinda Love (Closet Mix)
5 - Pale Blue Eyes (Closet Mix)
6 - Jesus (Closet Mix)
7 - Beginning To See The Light (Closet Mix)
8 - I'm Set Free (Closet Mix)
9 - That's The Story Of My Life (Closet Mix)
10 - The Murder Mystery (Closet Mix)
11 - After Hours (Closet Mix)
12 - Foggy Notion
13 - I Can't Stand It
14 - I'm Sticking With You
15 - One Of These Days
16 - Lisa Says
17 - It Just Too Much (Live)
18 - Countess From Hong Kong (Demo)

Disc 5 / Track

1 - Who Loves The Sun
2 - Sweet Jane (Full Length Version)
3 - Rock And Roll
4 - Cool It Down
5 - New Age (Full Length Version)
6 - Head Held High
7 - Lonesome Cowboy Bill
8 - I Found A Reason
9 - Train Round The Bend
10 - Oh! Sweet Nuthin
11 - Satellite Of Love
12 - Walk And Talk
13 - Oh Gin
14 - Sad Song
15 - Ocean
16 - Ride Into The Sun
17 - Some Kinda Love (Live)
18 - I'll Be Your Mirror (Live)
19 - I Love You
This comprehensive five-disc retrospective of the Velvet Underground chronicles the band from its earliest demo tapes, recorded in 1965, to Lou Reed's final work with band, in 1970. At their notorious peak, Reed, John Cale, Sterling Morrison, and Mo Tucker epitomized the sound of intellectual art punks being spontaneously creative in Andy Warhol's Manhattan. Rock & roll has never been the same since Reed's gutter-rock observations and Cale's cool, droning electric viola blanketing the band's mysterious three-chord innovations. It's all here: loads of feedback, classic songwriting, and Reed's transformation from Dylan imitator to sonic-rock auteur. With previously unreleased gems, live performances, and other oddities, this is everything you wanted to know about the Velvets but were afraid to ask. --Mitch Myers

むしろ初心者向けじゃないかも…

まさに集大成的なのですが、未発表音源やテイク違いやルー・リードが後にソロで出したアルバムに入っている曲の元曲が入っていること、収録順がオリジナルと違っていること、ニコのソロアルバムから数曲入っていること、等を考えると、これはむしろある程度ヴェルヴェッツを聴いていない人には混乱を招くところがあるかも知れません。
基本のアルバム4枚を既に聴いている人には超オススメです!!
これで大まかなところは網羅されていますし、レア音源もすごくいいです。
1枚目のデモテイク集では、イギリス民謡風Venus in Furs(ケイル)や、ボブ・ディラン風Prominent Mein(ルー)が聴けます。

アナログで持っていたいアルバム

 かの有名なヴェルヴェッツのデビュー作「バナナ・アルバム」のアナログ盤です。ジャケットのデザインをアンディ・ウォーホールが担当していること、またバナナがシールになっていて、横の文字"peel slowly and see"に従うとシールの下からピンクの果肉が現れるという洒落たデザインが魅力です。これまでCD化に際し、紙ジャケやスリップ・ケース、またボックス・セットのケースなどでこの「バナナ・シール」が再現されていますが、やはりオリジナルを髣髴とさせるアナログで持っていたい一枚ではないでしょうか。
 なお、これまでの多くの「バナナ・シール」を再現したアナログ盤では、裏ジャケの"Exploding Plastic Inevitable"での演奏中の写真がセカンド・プレス以降の仕様でした(セカンド・プレス以降は訴訟回避のため「ステージに大きく投影された上下逆のEric Emersonの姿」がブラシでぼかされています)。しかし今回はオリジナル盤の無修正写真を使用しています。ジャケも分厚いですし、レコードの重さも嘘偽りなく200mgとずっしり。丁寧に作られた商品で、大変満足いくものでした。
 強いて難を言えば、一つは価格が高過ぎることでしょうか。しかし、現在アジア圏でレコードを作成しているのは東洋化成のみで、レコードを作るプレス機は30年前のものでもう製作されておらず、またレコード作製で最も重要な工程を担当するのもレコードの帯に名前が出ている(ほかTVや雑誌などでも名前を見かける)手塚和己氏一人で、どちらかが欠けるともう日本ではレコードを作れない状況ということです。そんな事情なので、レコードの価格が昔よりずっと高くなっているのもやむを得ないところかもしれません。あと、解説が1996年のCD用のものの転用だというのもなんだかなぁ・・・と思いますが、まあそれはしょうがないのかな。

完璧なボックスセット

まさに完璧なボックスセット。velvet undergroundを1枚も持ってない人
には超お得なボックスセットです。これからvelvet underground聴こうかなと考えている人は、どうせ全部集めることになるのだから、これ最初から買っとくほうが得ですよ。
Live at Max's Kansas City (Dlx)
Vol. 1-Bootleg Series-Quine Tapes
Velvet Underground & Nico
The Complete Matrix Tapes