Ec Was Here

Ec Was Here

Attributes

ReleaseDate : 1996/08/20
NumberOfItems : 1
Model : 2138989
Format : CD
Format : Original recording remastered
Format : Import
Format : Live
ItemDimensions : 39563496
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1996-08-20
EANListElement : 0731453182325
Manufacturer : Polydor / Umgd
UPCListElement : 731453182325
EANList : 0731453182325
Brand : Polydor
CatalogNumberList : 531823207314 53182321823
PackageQuantity : 1
Artist : Eric Clapton
Label : Polydor / Umgd
Studio : Polydor / Umgd
PartNumber : 731453182325
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 5318232
CatalogNumberListElement : 07314 5318232
CatalogNumberListElement : 1823
MPN : 731453182325
Publisher : Polydor / Umgd
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 731453182325
PackageDimensions : 3955118488
UPC : 731453182325
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Have You Ever Loved A Woman
2 - Presence Of The Lord
3 - Driftin' Blues
4 - Can't Find My Way Home
5 - Ramblin' On My Mind
6 - Further On Up The Road
1975年のライヴ・アルバムは、言わせてもらえば、岐路であったのだろう。『E.C. Was Here』(邦題『エリック・クラプトン・ライヴ』)は、それまでギターのヒーローだったクラプトンが70年代後半にかけて歌へ重点を置くようになっていった境界線を示すこととなった。ブラインド・フェイス時代の古い2曲、「Presence of the Lord」(邦題「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」)と「Can't Find My Way Home」(邦題「マイ・ウェイ・ホーム」)では、クラプトンの魂のこもった精神的な面が現れはじめている。その一方、「Further On Up the Road」(邦題「ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード」)では思いきり楽しませてくれる。チャールズ・ブラウンの「Drifting Blues」(邦題「ドリフティング・ブルース」)は11分半のフル・バージョンの新たなリマスター版で、ギター・プレイが実にみごとだ。6曲だけといえども、クラプトンはそのひとつひとつに不滅の足跡を残している。(Daniel Durchholz, Amazon.com)

Ec Was Here

1975年のライヴ・アルバムは、言わせてもらえば、岐路であったのだろう。『E.C. Was Here』(邦題『エリック・クラプトン・ライヴ』)は、それまでギターのヒーローだったクラプトンが70年代後半にかけて歌へ重点を置くようになっていった境界線を示すこととなった。ブラインド・フェイス時代の古い2曲、「Presence of the Lord」(邦題「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」)と「Can't Find My Way Home」(邦題「マイ・ウェイ・ホーム」)では、クラプトンの魂のこもった精神的な面が現れはじめている。その一方、「Further On Up the Road」(邦題「ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード」)では思いきり楽しませてくれる。チャールズ・ブラウンの「Drifting Blues」(邦題「ドリフティング・ブルース」)は11分半のフル・バージョンの新たなリマスター版で、ギター・プレイが実にみごとだ。6曲だけといえども、クラプトンはそのひとつひとつに不滅の足跡を残している。(Daniel Durchholz, Amazon.com)

70年代脂の乗り切ったライブ盤

全曲すべて内容の良いアルバムだと思います。特に70年代初期のメンバーが最高で、とかく世界ツアーが多かったです。
ギター・プレイは申し分ないですジョージ・テリーとの掛け合いを聴けば、クラプトンの腕前が分かると思います。
イヴォンヌと歌うCan't Find My Way Homeは素晴らしい出来でアコギのソロも決まっています。Further on up the Roadはライブでは欠かせないナンバーでこの頃は頻繁に演奏しています。その中でも一番決まって格好良くシャッフルしているのがこの「E.C. Was Here」ではないかと思います。
アルバム全体を通して出来は最高の一品です。

リリース中ベストのライブ演奏が満載

ERIC CLAPTONのライブ盤は多くある中で一番ソウルフルで熱いアルバムは?と言う質問にはまずこれ!!
本作はしょっぱなBLUESで幕を開ける。フレディキングの名曲HAVE YOU EVER LOVED WOMAN。ソロが凄い!!熱い!!他のライブアルバムやデレクアンドドミノス時代よりもシャープでベストの演奏。そして、BLIND FAITH時代の自作の名曲PRESENCE OF THE LORD。BLINDの時よりもかっこいい。特に女性ボーカリスト起用は大当たり!!
それからMY WAY HOME(これも女性ボーカルが気持ちいい!!)をはさむブルースのオンパレード。いい出来ですね!!感動しますね!!わくわくしますね!!
ジャケットも◎

ためて ためて じらしてだす

1曲目の フレーズのためかた とてもスローなバンドアレンジ 楽譜が出てたのでよくコピーしたのですが ためきれず勇み足にこちらはなるのですが いざエリックが弦にふれた瞬間から ミスタースローハンド 最高です 大人のフレーズ 勉強になります 

珠玉の絶品

クラプトンの数あるライヴの中でも、最も充実した内容の濃いアルバム。ギターソロの見事なまでの歌い方。特に、Drifting Bluesのスライドは圧巻の一言。ちなみにこのスライドの部分はLP時代には収録されておらず、CD化されて始めて世に出たものである。そして、その部分がクラプトンの私の知る限り、一番の演奏なのである。演奏曲目も現在ほど甘ったるくなく(Over the Rainbow勘弁してよ!)、文字通りクラプトンブルーズが炸裂している。

渋い

このアルバム録音時クラプトンはまだ30になるかならないか位です。
それにしては渋いというか枯れすぎというか。
(アルコール漬けで力が入らなかったのかもしれませんが)
ブルースギターの練習にはもってこいのアルバムです。

若い頃は・・・

 ・・・このアルバムのジャケットで十分だった(笑)。みうらじゅんさんではないが、エロジャケで食いつく方々もいると私は信じている。
 1曲目の為だけに金をだす。と、言っても過言ではなかろう。ド頭の入りからして、凄みを感じずにはいられない。
 何年か前にポイズンというバンドのCCデビルさんが「このアルバムは良い」と語っていたが「本当に聴いてんの?」なんて疑いながらも感心した記憶がある。アンプラグドに彼等ポイズンが出演した時には、思わず失笑してしまったが・・・
 ホワイト・ブルーズ症候群の私が、中学生の時ベッドでジャケを見ながら良く聴いた曲「愛の経験(邦題)」。ウチのバンドでやろうとしたけど、テンポがまた難しかった(笑)・・・この感じは歳を重ねないと無理だと悟りましたよ・・・
スローハンド35thアニヴァーサリー<デラックス・エディション>
LAYLA & OTHER ASSORTED
461 OCEAN BOULEVARD
There Is One In Every Cro