Honky Chateau

Honky Chateau

Attributes

ReleaseDate : 1996/05/14
NumberOfItems : 1
Model : 2321926
Format : CD
Format : Original recording remastered
Format : Import
ItemDimensions : 39559492
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1996-05-14
EANListElement : 0731452816221
Manufacturer : Island
UPCListElement : 731452816221
EANList : 0731452816221
Brand : Mercury
CatalogNumberList : 52816207314 52816225281622
PackageQuantity : 1
Artist : Elton John
Label : Island
Studio : Island
PartNumber : 1999455
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 528162
CatalogNumberListElement : 07314 5281622
CatalogNumberListElement : 5281622
MPN : 1999455
Publisher : Island
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 731452816221
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 731452816221
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Honky Cat
2 - Mellow
3 - I Think I'm Going To Kill Myself
4 - Susie (Dramas)
5 - Rocket Man (I Think It's Going To Be A Long, Long Time)
6 - Salvation
7 - Slave
8 - Amy
9 - Mona Lisas And Mad Hatters
10 - Hercules
11 - Slave (Alternate Version)
By 1972, Elton John was already a rising star in America, although most casual listeners still identified him as part of the singer/songwriter explosion, thanks to the success of "Your Song" and "Levon." Honky Château changed all that, beginning with the success of "Honky Cat," a rousing New Orleans-ish R&B powerhouse that kicks off this terrific collection of songs. This was the album that first revealed John as a pure-pop craftsman, and he's all over the musical map on this set, moving from country-ish rock to blues-based rockers. But the best things here still might be two gorgeous ballads: "Mona Lisas & Mad Hatters" (displaying the young vocalist at his best) and the hit single "Rocket Man" (which had many rock fans debating which was the better space odyssey of the day--this or Bowie's). And lyricist Bernie Taupin was revealing a new, slightly darker side here via tunes like "I Think I'm Gonna Kill Myself." --Bill Holdship

英国ホンキートンク

1972年発表。前作マッドマンのこってりサウンドとは打って変わってさっぱりと聴かせてくれます。この人のホンキートンク・ピアノは見事にイギリスのフィルターがかけられていて本当に独特。さらにはシングル・カットの「ロケット・マン」。ボウイの「スペース・オディティ」と並ぶ宇宙物の大傑作です。

エルトン・ジョンのとどまることなき好調ぶりが分かる作品

本作はエルトンが好調を維持しつつ、それでいてスタイルそのものを果敢に変容させているのがよくわかる内容だ。ヒット「ホンキー・キャット」は過去彼が採ってきた吟遊詩人的路線から、よりファンキーな路線へと軸足が移っていて、後の「クロコダイル・ロック」や「ベニーとジェッツ」等のさきがけとなる作品。一方、もうひとつのヒット「ロケットマン」は男声高音域を用いたコーラスとボーカルとのハーモニーの美しさが、これもこの後続くメガヒットの原型とも言える作品だ。この二曲に隠れる他の収録曲はやや可哀想だが、どうしてどうして出来はよく、カントリー風な曲あり、昔ながらにしっとり聴かせる曲ありと全体を通してたるみを感じさせない。シンガーを理解するにはビッグ・ヒット以外の曲も聴いてこそだが、この時期の彼はどのアルバムをとっても退屈さを感じることなく聴けることに改めて驚かされる。

アメリカ進出第一作

それまでのロック界の貴公子的な印象(見かけではなく音楽の格調の高さ)から、一転、ロックンローラーとして一大ブレークを果たす序章に位置するアルバム。軽快なロックンロールが多い中3や5といったメロディーメーカーとしての面目躍如な作品も含まれていて、今聴くとなかなかの佳作です。
ただ、「ユアソング」のようなバラード路線からの転換を良しとしない人は、当時結構いましたし、ロックンロールに方向転換しながら、ファーストシングルが、バラードだったことに不満を述べる方もいらっしゃいました。
5「ロケットマン」だけでも十分聞く価値があるアルバムです。
Madman Across the Water
Goodbye Yellow Brick Road
Don't Shoot Me I'm Only
Rock of the Westies