Saxophone Colossus

Saxophone Colossus

Attributes

ReleaseDate : 1991/07/01
NumberOfItems : 1
Format : Import
ItemDimensions : 5050020575
Type : Unknown
PublicationDate : 1990-08-14
EANListElement : 0025218629126
Manufacturer : Original Jazz Classics
UPCListElement : 025218629126
EANList : 0025218629126
Brand : Original Jazz Classi
CatalogNumberList : 291
PackageQuantity : 1
Artist : Sonny Rollins
Artist : Max Roach
Artist : Doug Watkins
Artist : Tommy Flanagan
Label : Original Jazz Classics
Studio : Original Jazz Classics
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 291
Publisher : Original Jazz Classics
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 025218629126
PackageDimensions : 5056020490
UPC : 025218629126
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - St. Thomas
2 - You Don't Know What Love Is
3 - Strode Rode
4 - Moritat
5 - Blue 7
   現在も第一線で活躍しているテナーサックス奏者、ソニー・ロリンズの代表作であるばかりでなく、モダン・ジャズの代表的名盤だ。
   本人の作曲した名曲<1>をはじめ、プレヒトの『三文オペラ』のなかで歌われた、クルト・ワイル作曲の<4>(別名『マック・ザ・ナイフ』)など、よく知られた曲目が演奏されているのも人気の秘密だろう。しかしこのアルバムは、彼の即興演奏家としての実力をあますところなくとらえている点、そしてポピュラーであると同時にジャズの魅力をストレートに伝えているという両点で、非常にすぐれた作品なのだ。
   また、サックス奏者1人にリズムセクションがつく4人編成なので、ソニー・ロリンズの演奏の特徴がわかりやすい。ジャズに興味をもった人が最初に購入するのに最適のアルバムだ。(後藤雅洋)

Saxophone Colossus

現在も第一線で活躍しているテナーサックス奏者、ソニー・ロリンズの代表作であるばかりでなく、モダン・ジャズの代表的名盤だ。
本人の作曲した名曲<1>をはじめ、プレヒトの『三文オペラ』のなかで歌われた、クルト・ワイル作曲の<4>(別名『マック・ザ・ナイフ』)など、よく知られた曲目が演奏されているのも人気の秘密だろう。しかしこのアルバムは、彼の即興演奏家としての実力をあますところなくとらえている点、そしてポピュラーであると同時にジャズの魅力をストレートに伝えているという両点で、非常にすぐれた作品なのだ。
また、サックス奏者1人にリズムセクションがつく4人編成なので、ソニー・ロリンズの演奏の特徴がわかりやすい。ジャズに興味をもった人が最初に購入するのに最適のアルバムだ。(後藤雅洋)

ソニー・ロリンズ最高です

数ある、ソニー・ロリンズ作品の中で"Saxophone Colossus"は最高峰の作品です、マイルス・デイビスの絶頂期並みの、アドリブ、スイング感。特に録音時期がソニー・ロリンズ絶頂期を迎えた時期と重なり、今でも受け継がれる作品です。また、マイルス・デイビスもそうですが、絶頂期の音は違うんですよなぜか、この作品のサキソフォンの音も同様で、はめて聞く人には最高の入門作でしょう。

ロリンズの最高傑作!

ロリンズの最高傑作!
カリプソ調のセント・トーマスで軽快に歌い、ユー・ドント・ノウ・ホヮット・ラヴ・イズでスロー・バラードを太く吹き、モリタートをリラックスして歌い上げる。
ダグ・ワトキンスのベースのギシギシとしたウォーキング・ベースとマックス・ローチの堅実なドラムも最高です。トミー・フラナガンは決してでしゃばらない。
傑作です。

初めてのJAZZを聴く人に!

初めてJAZZを楽しむ人から玄人さんまで楽しむ事ができるアルバムじゃないかな?
思いっきりのイイ、ソニー・ロリンズのプレイが気持ちイイ!
これから、JAZZの楽しさを経験したい人にオススメ。

サックスの巨人

定番、名盤。
サキソフォン・コロッサス、通称「サキコロ」
録音は1956年。ということは1930年生まれのソニーはまだ26歳だ。
そんな若造が、アルバムの題名を「サックスの巨人」としてしまうところがソニー・ロリンズのスゴさなのだろう。
最後まで叶わなかったが、マイルス・デイビスがずっと一緒のバンドでプレイしたかったプレイヤーがソニー・ロリンズ。コルトレーンにでさえ文句ばかり言っていたマイルスがほれ込んだ男がソニー・ロリンズ。
きっとだれもがどこかで耳にしたことがあるであろう、St.Thomas。
カリプソのリズムが聞く者の気持ちを明るく、穏やかにさせる。
そして、Moritat。
これは別名 Mack The Knife。
Mack The Knifeといえばエラ・イン・ベルリンのシャバダバ、ウディウディも気持ち良いが、ソニーのMoritatも気持ち良さ満開。
なぜ同じ曲が二つの曲名を持つのかは不明。
マイルスが、事前に計算し尽くされたアドリブをいかにもアドリブらしく演奏する名手なら、ソニーは全くその逆で、ものすごいテクニックを使うアドリブを、聞き手には全くアドリブと気づかせないで演奏する名手なのだろう。だから、初心者にも非常に聞きやすい。そこが永遠の名盤たる所以だろう。

フラナガンの好演が光る

 ロリンズと言えばワン・ホーンではピアノ抜きのトリオが有名だ。しかし、正直言うと、「ウェイ・アウト・ウェスト」や「ヴィレッジ・バンガード」と言ったいわゆる「名盤」はあまり感心しない。このロリンズの超有名盤のピアノは名匠トミー・フラナガン。しっかり手薄にならぬよう和音を補充してくれているだけではなく、小粒で粋なソロも聴かせてくれる。このアルバムが有名になったのは、「セント・トーマス」や「モリタート(マック・ザ・ナイフ)」という名曲の収録や、ロリンズの豪快なテナーのみならず、この縁の下の力持ち、フラナガンの好演あってのことだったのである。

星5個じゃ、足りない

èa£¨§§'ä"...§èa°
 ̄¨£'¡ä¨a-¡¢äo§a£CD§£o'è§-oä¬"£
123\1§aa¢a-§o§£èè¿-ao§\-3
22"££¡¬'a"\1¿äé 1¨§-32"¡¬'§1aa3°aaa2
-42\ ̄\¶\a"¨è¨£"2"§-o -¬o '§±\-a!' '-'¨è-¨-¡¢a-"10¶"\ ̄"¢¨4° ̄äo(41 1¨¡3...¨"¡è 'è-'¡-ä¿¡a1 o
oaaa"¨äè°aé...'"a-'aä2

-a£"£±

語り尽くせぬ素晴らしさです

JAZZファンなら誰もが知っている、超有名盤の一枚です。
そんな言い方をすると、これからJAZZを聴こうとしている方は
しり込みするかもしれませんが、この作品ではそんな心配は必要ありません。
一曲目から、JAZZの素晴らしさや魅力が全開で展開されます。
明るい曲が多いので、晴れやかにJAZZを聴きたいとき等には、
ぴったりな一枚です。
聴いている人を明るく幸せな気分にしてくれる、
最高の作品だと思います。

奇跡的快演

1950年代のイーストコースト・ジャズを代表するだけでなく、モダン・ジャズの最高傑作一つとしてあげられる本作は、ジャズのもつアドリブ芸術の一つの極点ともいえる。早くから、豪快なトーンとイマジネーティブな楽想を発揮していた、ソニー・ロリンズだったが、自らの過剰な才能を疑うかのごとく、数度の一時的引退によって雲隠れすることを繰り返した。この傑作は、復帰したマックス・ローチ=クリフォード・ブラウンのクインテット参加の後吹込みされたものであったが、成熟しつつあったロリンズがブラウンの死によって、一気に完成されたプレイを見せた奇跡的快演である。モリタート、セント・トーマス、ブルーセブンなどどれをとっても、音色、フレージング、リズム感、アドリブの意外性に優れた名演である。まさに50年代ジャズの古きよき時代を現代に伝えるモダン・ジャズの必須アイテムであろう。ワーデル・グレイの死、デクスター・ゴードンの低迷、ジョン・コルトレーンの未完成にあった56年におけるテナー・サックスのずば抜けた金字塔である。

いいよね、ジャズ

ジャズが最もジャズらしい時代の、その中でも選りすぐりの一枚です。
あなたが初心者なら、楽器ひとつひとつを聞き分けてみてください。リズムセクションとサックスだけですから、割と簡単なはずです。
聞き分けたなら、互いの音の関係に耳を傾けてください。リズムセクションとサックスがどのように強調し合うのか、協力し合うのか。
そのように一枚を辿っていくと、立派にジャズファンです。
ビル・エバンスも入門編には良いでしょうが、少し女性的。
同じ入門編でも男性的な一枚なら、このサキソフォン・コロッサスです。
ソフトなジャズばかりではなく、ダイナミックなジャズの迫力を楽みましょう。
一曲目、軽快なセント・トーマスから始まります。ポピュラーなモリタートよりもむしろこの曲ですよ。
さあ、一緒に聴きませんか?セント・トーマスの向こう側に、ジャズの広大な世界が待っていますよ。

最高ですね

人生50台半ばになり、人生に疲れて、精神的にもめいっているとき、ネットでカスタマーレビューをみて買いました。いいですね確かに。なんか聞いていると20代の青春時代に戻れるみたいで元気と勇気が出ます。ありがとうレビューを書いてくださった皆さん。
COOL STRUTTIN' '99
Somethin' Else
Blue Train
Kind of Blue