Chet

Chet

Attributes

ReleaseDate : 1991/07/01
NumberOfItems : 1
Format : Import
ItemDimensions : 5050020575
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1990-09-14
EANListElement : 0025218608725
Manufacturer : Ojc
UPCListElement : 025218608725
EANList : 0025218608725
Brand : Riverside
Artist : Chet Baker
Label : Ojc
PartNumber : 6 3 01860872
Studio : Ojc
ProductGroup : Music
MPN : 6 3 01860872
Publisher : Ojc
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 025218608725
UPC : 025218608725
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Alone Together
2 - How High The Moon
3 - It Never Entered My Mind
4 - 'Tis Autumn
5 - If You Could See Me Now
6 - September Song
7 - You'd Be So Nice To Come Home To
8 - Time On My Hands (You In My Arms)
9 - You And The Night And The Music
10 - Early Morning Mood

超名盤ではないが珠玉の一枚

世紀の「名盤」というのがある。マイルスのカインド・オブ・ブルーとか、ロリンズのサキソフォン・コロサスなどだ。この盤はチェットの「シングス」ほど「名盤」あつかいされないが、しみじみと聴けるアルバムだ。なにより、トランペッターとしてのチェットがいいし、ビル・エヴァンスとの共演は珍しい。曲も「セプテンバー・ソング」「あなたと夜と音楽と」「ティス・オータム」など名曲、スタンダードが満載。世紀の名盤ではないが、また、出来も星5つとは言えないが、時々、CDラックから取り出して聴きたくなる一枚。ジャケット写真も美人がチェットに寄りかかる構図でロマンチックでチェットらしい感じがする。珠玉の一枚。(松本敏之)

最高に絵になる男

 美女に寄り添われて、これほど絵になる人も珍しい。本作品はボーカルなし。ビル・エヴァンス、フィリー・ジョー・ジョーンズらの好サポートを得て、トランペットの音色で勝負する。幽玄の世界。音が良いのはブルーノートばかりじゃないぞ。ペッパー・アダムスのバリトンにゾクゾクする。オーディオマニアの友人が来たら必ずかける必殺盤だ。

甘く切ないチェット・ベイカーのバラード

50年代半ばのマイルスの路線をさらにソフトにし、ヴォーカルにも独自の境地を開いたチェット・ベイカー。ここでは50年代末の最良のプレイが聴かれる。全体的にややムードに流されすぎる嫌いはあるが、ベイカーの持ち味だから仕方あるまい。Alone Together It Never Entered My Mind, September Song といったスローバラードはお得意なチューンだが、How High the Moon ,You'd Be So Nice to Come Home To ,You and the Night and the Musicなどもすべてスローで甘く仕上げており、トランペットの魅力を感じるには少し物足りない気もする。それでもバックを務めるフィリー・ジョーやビル・エヴァンスという陣容からすれば当時の水準を超えた内容であることに変わりは無い。

超名盤ではないが珠玉の一枚

世紀の「名盤」というのがある。マイルスのカインド・オブ・ブルーとか、ロリンズのサキソフォン・コロサスなどだ。この盤はチェットの「シングス」ほど「名盤」あつかいされないが、しみじみと聴けるアルバムだ。なにより、トランペッターとしてのチェットがいいし、ビル・エヴァンスとの共演は珍しい。曲も「セプテンバー・ソング」「あなたと夜と音楽と」「ティス・オータム」など名曲、スタンダードが満載。世紀の名盤ではないが、また、出来も星5つとは言えないが、時々、CDラックから取り出して聴きたくなる一枚。ジャケットも美人の女性がチェットに寄りかかるソフト・ファーカスの写真で、ロマンチックでチェットらしい感じがする。珠玉の一枚。(松本敏之)
Chet Baker Sings
CANDY
トゥー・ジム・アンド・ズート
Way It Was