映画「コンスタンティン」を考える